社名への思い

アップルコンピュータ創設者のスティーブ・ジョブス氏のスピーチを
ビジネスパートナーのドマーニコミュニケーション東田氏から教えてもらった。

その一説に次のような一文がある。
『もう一度言います。未来に先回りして点と点を繋げて見ることはできない、
君たちにできるのは過去を振り返って繋げることだけなんだ。だからこそ
バラバラの点であっても将来それが何らかのかたちで必ず繋がっていくと
信じなくてはならない。
自分の根性、運命、人生、カルマ…何でもいい、とにかく信じること。
点と点が自分の歩んでいく道の途上のどこかで必ずひとつに繋がっていく、
そう信じることで君たちは確信を持って己の心の赴くまま生きていくことができる。
結果、人と違う道を行くことになってもそれは同じ。
信じることで全てのことは、間違いなく変わるんです。』
(2005年6月12日スタンフォード大学卒業祝賀スピーチ)
(翻訳 市村佐登美氏)


DotLABの“Dot”は“小さな点”“LAB”は“Laboratory=研究所”
いかにもIT系企業のような社名ですが、我々の思いは非常にアナログです。
私たちは広告業界で長らく仕事をさせていただいて参りました。
過去たくさんのお客様や媒体社、協力会社、クリエーターにお世話になり、
様々な経験・学びを仕事を通して得ることができました。
そうしたことを全て、貴重な“点”として生かし、お客様のため地域のため
お役に立ちながら我々自身も生かしていただきたい。

そんな思いで、これからも沢山の“点”をつくり、“点”をつなぎ、頑張って参りたい・・・
社名に込めた思いです。“LAB”については少しカッコをつけたかったのも
ありますが、常に学ぶ気持ち、より深く研究する気持ちを忘れない決意です。

スティーブ・ジョブス氏は先の講演を「Stay hungry, stay foolish.」で
締めくくっています。